旧新潟税関庁舎(国指定重要文化財)改修工事完了オープン

2019.01.12 Saturday
   旧新潟税関庁舎は平成28年から改修工事のため、閉館していましたが、昨年11月工事完了し、今日(1月12日)から一般公開されましたので見学してきました。
 この建物は(国指定重要文化財(建造物)明治2(1869)年建築物です。
   幕末から明治初期にかけて海外に開かれた国内五つの開港場(函館・新潟・横浜・神戸・長崎)で、唯一現存する開港当時の運上所(税関)です。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
   
説明によれば、
「建物が建っている土地は川辺の埋め立て地のため、地盤が弱く昭和39年の新潟地震では地盤が沈下し、建物が庁舎建物が傾斜しました。今回の工事に先立って行われた耐震診断でも震度6以上の地震で地盤は液状化し、建物が倒壊する恐れがあることがわかりました。開港150年を機に、旧新潟税関庁舎を市民のシンボルとして後世に長く保存して活用するため、次の3つの工事が行われました。
1 地震と液状化に備えた耐震補強工事
2   外観を化粧直しする保存修理工事
3 火災や犯罪に備える設備改修工事
一連の工事は平成28(2016)年度から始まり、この度終了しました。」
とあります。
   久しぶりのオープンでもあり、大勢の見学者でした。
 今日は特別に高さ15メートルの塔屋まで開放されており、開港当時に思いを寄せて来ました。
 
  
  
  
 見覚えのある方々もガイドやら何やらで活躍しておられました。
  
  
  by  keibo
活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)

新潟大神宮への参拝と見学

2019.01.09 Wednesday

 

  新潟シティガイドでは、1月9日(水)午前(10時〜11時30)会員30人が、新潟市中央区西大畑所在の新潟大神宮へ揃って参拝し、その後宮司さんから同神宮の歴史の説明や資料を拝見させていただきました。

 

 

 はじめに本殿においてお祓いを受けて参拝した後、別室でお宝の拝見と宮司さんからの神宮の歴史などの説明をお聞きしました。

 

 

 

拝見した展示物の内、 明治14年新潟市実測地図 は、当時の堀や川、建物等まで細かく表示されており、町の様子が一目で理解できる貴重なものでした。

 

 

 宮司さんの説明では、明治5年明治政府の意向もあり伊勢神宮が神宮教院のため全国の主要地に大神宮を設置するとの方針で配置されたとのことです。

 新潟では明治9年に上大川前通りの吹屋小路に伊勢神宮の新潟本部としてが分霊されましたが、明治13年の新潟大火により焼失し、現位置に再建されたのは明治17年のことだそうです。

 

   

 神宮は明治以降、天皇皇室の祖先神を祭神とする意味から、社号を「神社」から「神宮」に改めたことのようです。

 新たに「神宮」の社号を名乗るためには勅許が必要であった。しかしながら戦後は神社の国家管理は廃止されたため、「神宮」号を名乗る際に勅許は不要となったようですが、現実には神社本庁の管理下にあるようです。

 

 

  by keibo

 

 

 

 


 

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)

土・日・休日は「予約のいらないまち歩き」へ、是非!

2019.01.07 Monday

明けましておめでとうございます。

今年も新潟シティガイドをよろしくお願いいたします。

「予約のいらないまち歩き」始動です。

集合場所:新潟市西堀ローサ内中央・出会いの広場

開催日:土・日・休日 

スタート時間:午前 10:00  

       午後 1:30

参加費:500円
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

お知らせcomments(0)|by 抹茶味

今年もありがとうございました。来年も「まち歩き」ご一緒に。

2018.12.23 Sunday

IMG_20180512_095302.jpg

今年も新潟シティガイドと歩く「まち歩き」を

楽しんでいただけましたか。

西堀ローサ出発の「予約のいらないまち歩き」は12月24日が

今年の最終日で、年末年始のお休みに入ります。

新年は1月5日から開始です。

みなさまと「まち歩き」でお会いできますことを楽しみにしています。

 

 

 

お知らせcomments(0)|by 抹茶味

新潟シティガイド定例会と交流会(忘年会)

2018.12.23 Sunday

 

  12月22日(土)午後(13:30〜16:30)新潟市中央区八千代の総合福祉会館で、新潟シティガイド定例会を開催し、これに続き17:30〜19:30まで新潟市中央区東堀通り料亭割烹「かき正」で交流会(忘年会)を開催しました。

 定例会で、今年度4月〜12月のガイド実績がわかりました。

 

平成30年度ガイド実績(単位名)
   4月〜11月        前年同期
通常ガイド(@500) 2144 2158
学校関係 849 666
合計 2993 2824
ガイド数 550 551

 

  この状況見ると、通常ガイドが前年比14名減少しています。その主な原因は中央区主催の・えんでこガイドが

前年の769名から570名に減少したことによるもので、今後の課題となりそうです。

 

 夕方からの交流会の会場「かき正」は創業者がホトトギスの同人(俳号橋本春霞)として知られた老舗料亭です。

代表の挨拶・乾杯に続き普段のガイド活動にはない交流を深めることができたようです。

  

 

 

 

   

   

 かき正では、終戦時から高浜虚子、高野素十、中田瑞穂、高橋すすむ等と同店で句会を開いていたことで知られており、昭和23年の句会には、当時としては大変豪華な桜鯛が並びました。

 

 

  

 玄関正面には高浜虚子の

 

 

かき正が 揃えたりやな 桜鯛

の句を刻んだ彫刻額が掲出されており、虚子ゆかりのお店であることがよくわかります。

 

    by keibo

 

 

 

 

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)
 

サイト内検索
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
      

管理者用ログイン

新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
    

ページの先頭へ