ポスターセッション「ウェルカム賞」

2017.12.02 Saturday

 

NCCT(ニコット・新潟市民活動

支援センター)主催の

ポスターセッションに応募し、

「ウェルカム賞」をいただきました。

 

Niigata city guide joined the poster

contest held by NCCT.

And it's glad to say, this poster

received the prize of WELCOME.

 

 

お知らせcomments(0)|by 抹茶味

まち歩き観光ガイド養成講座始まる

2017.11.27 Monday

  新潟市主催の「まち歩き観光ガイド養成講座」が始まり、第1回の講座が11月25日(土)9:30〜14:00「クロスパルにいがた」で行われました。
  新潟シティガイドではこの講座に協力することとし、この日はまち歩き体験のお手伝いをしました。
今回の受講者は27人で、5班に分かれてのまち歩き体験となりました。

 

 

「花街には料理屋・置屋・待合の三つの業種が揃っていて、新潟は日本でも有数の花街でした。」

 

 

「こういう小路を案内するのもまち歩きの魅力のひとつになります。」

 

 

 

「新潟には柳都振興蠅箸いΨ鬱犬気鵑硫饉劼あります。」

 

 

「蕗屋虹児が発表した童謡「花嫁人形」の碑です。 

 

 

 

「ここには昭和46年まで新潟刑務所があり、このレンガ塀はその一部として残されています。」

 

 

「老舗料亭の行形亭です。」

 

午後からは、まち歩き体験を踏まえての学習となりました。

 

 

 

           

     by keibo

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)

新潟県政記念館に中学生ガイド

2017.11.16 Thursday

11月15日(水)、高齢者大学卒業生の親睦会のまち歩き。

 

白山神社・公園〜空中庭園〜上古町〜人情横町を歩きました。

 

この日、県政記念館では関屋中学校2年生が体験学習で

 

館内のガイドを担当。

 

フレッシュなガイドに参加者の眼差しが熱かった!!

 

Machiaruki Town Walk on Nov. 15.

When we dropped at Niigata Assembly House, two junior

high school girls stayed there and gave us a guide.

It was an experience learning activity for students.  

Their guide was so impressive and hopefull.

 

県政記念館でフレッシュスタッフの説明を聞く。

 

 

白山公園内,ひょうたん池周りの紅葉。

新潟まち歩きの「魅力」comments(0)|by 抹茶味

〜北前船の文化と芸妓の歩み〜 特別企画ガイド

2017.11.08 Wednesday

 新潟シティガイドでは11月4日(土)午前(10:00〜12:00)、特別企画ガイド「北前船の文化と芸妓の歩み」と銘打ってガイドを行いました。悪天候の中でしたが、24人の方々の参加者があり、4人でガイドの当たりました。

 

はじめに企画の責任者からの挨拶ありスタートです。

 


 

今回のコース は
市役所正面玄関前集合 ⇒  三献茶屋跡 ⇒ 白山神社 ⇒ 趙願寺 ⇒ 蔵織 ⇒ 愛宕神社 ⇒ 小路巡り ⇒ 会津八一歌碑前 ⇒ 解散
です。

 

 

 

集合場所の市役所は平成元年、旧新潟県庁(1931〜1985)の移転跡地に建設された建物です。

 

 

      旧県庁(1931〜1985)

    市役所前の黒松(保存樹)

 

ガイドの方がコースの説明などをします。

 

 

 

 

スタート地点の 「三献茶屋跡」は新潟町と関屋村の境にあり、この茶屋で旅人や罪人との別れの場所であったが、今ではその形跡は見当たらない。

 

 

   「三献茶屋跡はこの近くにああったようです

 

白山神社
 

 

この神社の主神は菊理媛大神(くくりひめのおおかみ)と言い、加賀の霊峰白山頂上に祀られている女神だそうです。
建立の年代は永禄(1558〜)・天正(1573〜)の二度の火災で記録が失われはっきりしないようです。ただ、元亀年中(1570〜)に、白山神社別当であった宝亀院住職の憲海が、五寸の十一面観音銅像、宝剣、鏡を白山神社に奉納した記録が残されているようです。

 

 

 


 

拝殿に大きな額絵が掲出されています。
新潟県指定有形民俗文化財の「大船絵馬」の額(145×324)です。
新潟港から幕府への年貢米の積み出し、積み込みや帆船の出入りなどの様子を、極彩色で詳細に描いたものです。
左右の遠景に城が二つ描かれていますが、右が大阪城、左が江戸城だという説があります。
作者は井上文昌(幕末の画人)
額主は市島治郎吉(廻船問屋)とされています。
市島次郎吉は豪農市島家の分家筋の三代目とされていますが、御蔵米の回船を独占していた繁盛振りが窺われます。

 

 

百度石                         
回船問屋の大月屋藤蔵宅を宿にしていた、芸州三津町(広島県安芸津町三津)の嘉登屋彦兵衛という人が寄進建立したと言われています。この石と拝殿の間を何度も行きつ戻りつしながら、海上の安全を祈願したのでしょう。

 

 

 

 

昭忠碑
郭一同、献納の門柱(明治26年花街が納めた地方税は全体の3分の1であったという。)

 

 

石灯籠 
白山公園池の畔には、1723年(享保8年)の建立された石灯籠があります。新潟市で一番古い石灯籠だとい言われています。 

 

 

 

蔵織
新潟の芸妓 庄内屋しん(1873〜1937)が晩年を過ごした家です。

 

 

 

 

 

明治6年、東堀通七番町で生まれた風間シンが、庄内屋の女主人佐藤マチに請われてその養女となり、佐藤シンと改名したのは、明治十四年数え九歳の時である。
 さて、この佐藤シンが庄内屋しんの芸名で古町花街へ華々しくデビューしたのは数え十三歳の時。明治十八年十月二十一日発行の絵入り新潟新聞は、「豪気な顔見」と題して、庄内屋の女主人が千円もの大金を投じ、その後長く古町花街の語り草となった‥」(藤村誠 新潟美技列伝より)

 

とあるように美人であったようです。

 

 

明治19年、庄内屋しんは芸妓デビュー1年目の14歳であった。
新潟花街で遊んだ 伯爵 柳原前光(当時37歳)は可憐な美少女しんに魅了されたようです。
この年初代萬代橋は木朋直等によって架橋されたが、しんのファンでもあったようです。
八木等は萬代橋の橋名の揮毫を柳原前光に依頼するに当たり、しんに間を取り持って欲しいと願い功奏したとされる。
前光は大金を投じてしんを落籍し東京へ連れて帰る。
その後暫くして前光は病で臥せることが多くなり、しんは許しを得て新潟に戻り、蔵織で生涯を終える。
現在NHKで再放送中の連続テレビ小説「花子とアン」で、仲間由紀恵の演ずる柳原白蓮は、柳原前光と芸者奥津りょうとの子どもだという。
ちなみに柳原前光の妹柳原愛子は大正天皇の母です。

 

 
    庄内屋しん               柳原前光
 

                     

 
   八木朋直                 柳原白蓮

 

          萬代橋の橋名

 

愛宕神社
本殿は新潟市の有形文化財で市内で最も古い建物で1700年前の建築とされている。

 

 

 

境内には松尾芭蕉の句碑

 


  

     海に降る 雨に恋しき うき身宿

がある。

 

超願寺    

市山流宗家の墓がある。5代目の妹、川田芳子(女優第一号)も祀られている。(新潟市無形文化財)

 

 

           市山流宗家の墓

 

        上古町にある「明和義人館」

 

 

会津八一の生誕の地
古町2の町、3の町は旅籠町で江戸時代の絵が存在している。

 

 

 

 

ここでまち歩きは終了となりました。

雨の中お疲れさまでした。

 

 

                     by keibo

新潟まち歩きレポートcomments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)

新潟シティガイド研修旅行(弥彦)

2017.11.01 Wednesday

 10月29日(日)新潟シティガイドの日帰り研修旅行(弥彦)があり、26人の会員が参加しました。

          乗 車 受 付


朝からの雨でしたが、8時30分新潟駅南口に集合し、貸し切りバス出発です。
 

 

   弥彦神社到着後は2班に別れ行動です。神社内は弥彦の観光ボランティアガイドの方からガイドで散策です。

  弥彦神社は何回も参拝していますが、ガイド付きの参拝は初体験でした。

 


 中でも宝物殿に収蔵されている重要文化財「志田大太刀」「大鉄鉢」や数多くの美術品に魅せられました。
 その他にも境内には「十柱神社」(重要文化財)などがあり改めて弥彦神社が奥深いことを再認識させられました。

   町中では明治11年の明治天皇巡幸の際、岩倉具視が宿泊したという「鈴木嘉内氏邸」に立ち寄り小休止とお茶です。

 

 

 

 昼食と休憩は「だいろく旅館」です。ご主人は弥彦ボランティアガイドの会員で、弥彦のガイド会のことを詳しく説明してくれました。

 

 

 

 午後からは岩室の「宝山酒造」の見学でしたが、女将さんの流暢な説明に、聞き入ってしまいました。

 

      宝山宿泊前でパチリ。

 

午後4時無事新潟駅に到着し、親睦を深めた研修会が無事終了しました。

 

              by keibo
 

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)
 

サイト内検索
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
      

管理者用ログイン

新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
    

ページの先頭へ