新発田本丸中学校1年生まち歩きガイド

2017.10.08 Sunday

  新潟シティガイドでは10月6日(金)午前(9:30〜11:30)、新発田市立本丸中学校1年生164人のまち歩きのガイドをしました。
  人数が多いことからガイドも16人で対応です。
 歩きコースは8コースで16班に分かれてのまち歩きとなりました。
 その一部を紹介します。

新潟日報メディアシップ1階集合した2つの班は、

 

   20階展望広場に移動し、展望ガイドです。

 

「ここから見える回りの景色は、ほとんど海抜0メートルです。」

 

 

「ここから見える港は新潟西港です。」

 

 

 

この間にも他のコースからこの広場に次々やってきます。

 

「信濃川は日本一の大河で全長368kmです」

 

記念の集合写真をパチリ。

 

「この先の高い建物は朱鷺メッセと言います。」

 

 その後はそれぞれの班ごとにコースに沿って移動していきました。

 街々で出会ったガイドの様子があちらこちらに見られました。

 

高浜虚子の句碑

「千二百七十歩なり露の橋」

 

 

「この建物は日本舞踊「市山流家元」の住宅と舞踊の稽古場です。」

 

 

新潟は多くの文人に好まれた町です。

 

 

「NEXT21」のところは、新潟市役所でした。

 

 

 

                                                         by keibo
 

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)

秋の古町どんどんでニコットブース(市民活動支援センター)でPR

2017.10.07 Saturday

  10月7日(土)の秋の古町どんどんでニコットブースに参加し、新潟シティガイドのPRをしました 。

・「新潟シティガイド」チラシ

・特別企画「北前船の文化と芸妓の歩み」チラシ

・アンケート用紙

の確認。


PRスタッフ

 

古町どんどんの参加者に配布とアンケートへの記入呼びかけ。

 

 

 皆さん協力的です。

 

 

古町どんどんは大変な賑わいでした。

 

 

 

                                                                       by keibo

 

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)

日本遺産構成文化財 巡りまち歩き 〜北前航路 繁栄たどる〜

2017.08.24 Thursday

  新潟シティガイドでは、21日(月)午前(9:45〜11:45)新潟市主催のまち歩きイベント 「日本遺産構成文化財 巡りまち歩き」のガイドをしました。
この日の参加者は15人で、ガイドは2人でした。

コースは
みなとぴあ ⇒ 湊稲荷神社 ⇒ 金刀比羅神社(寄合町) ⇒ 日和山 ⇒ 旧小澤邸住宅 ⇒  金刀比羅神社(西厩島町)

までの約3キロです。

 

 

   今年4月文化庁が認定する「日本遺産」に新潟市などが申請した「荒波を越えた男たちの夢を紡いだ異空間 〜北前船寄港地・船主集落〜」が選ばれました。
 このコースの中には認定された11の構成文化財のうち6つが含まれており、新潟市内の構成を体験できるコースになっています。

   最初に主催者の新潟市担当者から、今回のまちあるきの趣旨やコース説明があり、スタートです。
 

                     主催者挨拶(新潟市の担当者)

   この日スタート地点の「みなとぴあ」では、「NGT48お披露目2周年記念スペシャルLIVE」が予定されており、大勢の人でごったがえしていました.。

 

 

   集合場所でみなとぴの概要と、新潟市歴史博物館に保存展示されている、構成文化財の、「新潟奉行川村修就関係資料」の概略を説明がありました。

 

スタートして最初の立ち寄りスポットは、湊稲荷神社です。
この神社に奉納されている「願掛け高麗犬」は新潟市指定有形民俗文化財に指定されています。

 

 


     回しながら願掛けをしてください。

   かっての船つなぎ場近くにある湊稲荷神社の狛犬は、なじみの北前船船頭たちが、長く湊にとどまるよう、遊女たちが高麗犬をまわして願掛けをしたと伝えられています。

 

 

   次は、金比羅神社(寄合町)です。
この神社に明治30年奉納された、「難船彫刻絵馬」は昭和59年、新潟市指定有形民俗文化財に指定されています。文政5年(1822)廻船問屋鈴木彌五左衛門の持ち船白山丸が遭難から救われた様子が欅の一枚板に彫られています。

 

 

 

    次の立ち寄り場所は「願随寺」です。この寺は亨保18年(1733)三島郡北村(現長岡市)より現在地に移転されました。
安政18年(1859)新潟開港時外国使節団の接待所になったことで知られています。

 

 

   次は「開運稲荷神社」です。
   長岡藩が米蔵鎮護のため関屋に建立したのが始まりと言われています。明治10年現在地に移転してきました。
この神社の参道に願いをかなえる「こんこん様」という一対の犬が奉納されています。

 

   次は「入船地蔵尊」です。
   寛政6年(1794)新潟湊の海上安全を祈願し、併せて天明の大飢饉による死者を供養するために建立されたと伝えられています。
この寺には千体地蔵という七寸五分(約22cm)の仏像が数多く奉納されています。

 

「本尊は蔵の中に安置されています。」

「1470体の仏像が祀られています。」

 

次の立ち寄りポイントは「日和山住吉神社」です。
日和山の標高12.3mです。信濃川河口付近の唯一の高台で、漁師や海運業者は毎日この山に登り、日和見をしたと伝えられています。
山頂に祀られている「住吉神社」は慶応元年(1865)水戸教(水先案内や海難救助をする仕事)が河口付近に移転したことから、水先案内人の伊藤仁太郎家の邸内から、日和山に遷座し住吉神社としたものです。

 

 

「かってははこの高台から湊が一望できたそうです。」

 

「住吉神社は伊藤仁太郎家の邸内から、日和山山頂に遷座されました。」

 

   つぎは「北前船の時代館」(旧小澤家住宅)です。
   小澤家は江戸時代には在宿を営み、明治初期には回船業、その後廻船問屋を経て、運送倉庫業、米穀流通、地主経営等に進出し財をなしたといわれています。
平成14年新潟市に寄付され、平成18年新潟市指定有形文化財となりました。平成23年から一般公開されています。

 

 

   この日の最後は「金比羅神社」(西厩島)です。
   この神社は明治2年(1869)古新田町(現古町通11)から移転されてきました。
神社倉庫には、船主が航海安全を祈願して奉納した、模型和船(国指定重要有形民俗文化財)が数多く納められています。

 

 

「奉納された模型和船です。」

 

暑い日でしたが、参加者の皆さま、ガイドさんお疲れさまでした。

 

                                            

                                                     by keibo

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)

前期えんでこ まち歩きガイド 終了

2017.07.08 Saturday

前期えんでこ、まち歩きガイドが本日終了

しました。

 

最終日のコースは「関屋分水と旧競馬場跡地

散策(中華ランチ付き)」と「西海岸公園・

歴史と文学の散歩道」の2コース。

 

The first term Endeko Machiaruki

was  finished today.

We had two courses that were 「Sekiya

water diversion and a former race track、

with chinese lunch」

「Visit historical monuments  at the 

west coast」

 

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 

関屋分水記念公園での様子です。

 

At Sekiya diversion memorial park.

 

 

 

 

 

 

 

 

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *    

 

 

西海岸からNEXT21に到着したところです。

 

The squads have got to Next 21 from

the west coast walkway.

 

 

 

新潟国際情報大学の学生も参加。まち歩きアンケートを

取っていました。

これからまち歩きの企画をするそうです。

 

Students of Niigata International Information Univ.

worked at a questionnaire survey.

They are making a plan about a town walk.

 

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *  

 

 

 

 

中央区えんでこ担当の方々。お疲れさまでした。

後期もよろしくお願いいたします。

 

 

新潟シティガイドは22のコースをご用意して

おります。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

Walk together with Niigata city guides.

 

 

 

 

活動報告comments(0)|by 抹茶味

新潟県高齢者大学「実践者との交流講座」参加

2017.07.07 Friday

2017年7月4日(火)、新潟ユニゾン

プラザにて、新潟県高齢者大学、

「実践者との交流講座」に参加しました。

 

これは高齢者大学受講者約60名を対象に、

会の活動紹介や活動への勧誘をするものです。

この日は9団体が参加しました。

 

 

各団体のPRタイムで、新潟シティガイドを紹介。

 

 

赤印が新潟シティガイドのブース。

9団体のPRタイム終了後、交流タイム。

上図のように受講生は興味のある団体に

行き話を聞きました。

時間を区切って3回の交流タイムが

ありました。

 

 

交流タイム第1ラウンド。

7名のお客様。

現在のガイド実績、ガイドになるには、

ガイド養成講座の研修などが説明されました。

 

 

交流タイム第2ラウンド。

7名のお客様。

女性が多く、最初から積極的に質問を

していました。

 

 

交流タイム第3ラウンド。

4名のお客様。

 

 

新潟シティガイドのブースには合計18名の

お客様が来られました。

 

この中から新ガイドが誕生する事を期待します。

 

 

活動報告comments(0)|by 抹茶味

ガイド研修 旧小澤家住宅  The guide training at Ozawa House

2017.05.10 Wednesday

5月7日(日)、旧小澤家住宅の

ガイド研修が行われました。

 

The guide training of Ozawa

House was held on May 7th.

 

 

 

講師は小寺嘉信さん。新潟シティガイドの

会員であり新潟の郷土史家でもあります。

 

The lecturer, Mr. Yoshinobu Kodera, 

 was not only a guide but also

a local history researcher of Niigata.

 

 

 

 

今回の研修では、米騒動の町民一揆から

住宅を守るための様々な鍵の話がされました。

 

Mr. Kodera talked about the door lock 

to guard the house from a destruction

by a rice riot .

 

 

 

住宅の説明後、庭園で話を聞きました。

 

After we listened to a general information

on the house, then went to the garden.

 

 

特別に二階座敷を見せて頂きました。

 

We were luckly allowed to go up

to the second floor and to look

at the room.

 

 

二階の床柱はビロウ樹(ヤシ科)の

丸柱を使用しています。

 

A whole palm tree was used for

the alcove post.

 

 

周囲に高い建物がなかった頃は、

二階座敷から信濃川が見えたと思われます。

 

Suppose the time there were no high

buildings around, they saw the Shinano

river from the room.

 

 

小寺さん、ありがとうございました。

参加されたみなさま、一層励みましょう。

 

Big thanks to Mr. Kodera !!

We were glad to have this opportunity

to learn the history.

 

 

新潟シティガイドでは、旧小澤家住宅から

旧齋藤家別邸への二館巡りのコースがあります。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

We have a town walking course,

from the Ozawa House to the

Niigata Saito Villa.

Please contact us !!

 

 

 

 

 

 

 

活動報告comments(0)|by 抹茶味

「砂のまち」研修会  Training workshop of 「The town built up on the sand」

2017.05.01 Monday

4月29日(土)、新潟シティガイドによる

「砂のまちコース」の研修会が行われました。

 

Niigata city guides had a training workshop

「The town built up on the sand」

on April 29th.

 

 

 

第1部は「砂のまち」コースの概要説明。

 

The general outline was given to the participants

at the first one hour.

 

 

第2部は実践まち歩き。

NEXT 21 からスタート。

 

After studying the course, we started walking

from NEXT 21.

 

 

 

 

古町五番町、会津八一生誕の碑を見る。

新津屋小路に出て人情横町へ。

 

We stopped at the birth monument of

Yaichi Aizu on the Furumachi 5th st.

then we went to the market called

Ninjo-yokocho.

 

  

 

これはテレビ番組のワンシーンでは?辺りが華やいだ。

 

This is the one scene from the TV, isn' it ?  

 The air of the place became cheeful.

 

 

 

浦安橋遺構の話も興味深かった。

 

It was interesting to hear the story of Urayasu bridge.

 

 

第四銀行本店前にある「道路元標」。

8本の国道が集まる場所。日本最多。

 

「Starting milestone」in front of Daishi Bank

on Honcho st.

The place is where 8 national roads gathered

which is the highest number in Japan.

 

 

小路を歩く。

 

Walk on the alley.

 

 

 

 

 

更に六軒小路を歩き鍋茶屋通りから西堀まで歩く。

 

Again, keep walking on Rokken alley, Nabejaya tori,

then Nishiborist.

 

 

NEXT 21 に戻り、最後のお話しを聞く。

みなさま、お疲れさまでした。

野内さん、伊藤さん、小野塚さん、

ありがとうございました。

 

Returned to NEXT 21.

Everybody was satisfied with today's workshop.

Thanks to Mr. Nouchi, Ms. ito and Ms. onozuka.

 

 

 

活動報告comments(0)|by 抹茶味

にいがたまちあるき交流会2017 沢海大会  The gathering of the town guides in Somi 2017

2017.04.22 Saturday

4月16日(日)、新潟市江南区沢海にて

「にいがたまちあるき交流会2017

沢海大会」が開催されました。

 

The gathering of the town walk guides

was held in Somi district on April 16th.

 

 

 

この日のまちあるきガイドは「みるみる沢海まちあるき」

のみなさま。


Those were the guides of Somi who drew us deep into

the district of Somi.

 

 

まちあるき、ランチ会、グループセッション、

北方文化博物館内見学と充実したプログラム。

 

Walking with guides, the lunch party, the group session

and the museum tour of Northern cultural museum,

it was the well organised program.

 

 

 

 

沢海が誇る由緒ある神社仏閣を巡る。

 

Visited the prestigious temples and

shrine in Somi.

 

 

午後はグループは分かれて意見交換。

 

After lunch, the participants talked about the given

 articles divided in 6 groups.

 

 

 

 

 

 

 

意見交換の後のプレゼンテーション。

 

The presentation of 6 groups after exchanging

opinions about each article.

 

 

プログラムの最後は北方文化博物館の見学。

ガイドにとってゴージャスな一日でした。

みるみる沢海まち歩きのみなさま、

ありがとうございました。

 

The end of the program was the museum tour.

It was a gorgeous day for guides to be guided to

unfamiliar places.

We appreciate the guides of Somi for treating us

so nicely.

 

 

 

活動報告comments(0)|by 抹茶味

長岡からようこそ!「そいがぁてツアー」のお客様 Welcome from Nagaoka to Machiaruki Walk

2017.03.25 Saturday

3月25日(土)、新潟シテイガイド大忙しの日!!

まずこちらにご紹介の「長岡そいがぁてツアー」

0名様のまち歩き。

次いで沼垂エリア・スペシャルえんでこ、50名様。

して毎週土・日・祝日行われる予約不要の

まち歩き。ガイド大出動!!

 

Niigata city guide was very busy because of 

3 big Machiaruki walk events on March 25th.

 

 

 

 

お天気良く、NEXT21の展望階から春の風景。

お寺の連続する屋根、テンプルラインが見事!!

 

It was a fine day. Good scenery from the

observation floor of NEXT 21 building. 

 

 

 

 

本日のガイド、スタンバイ。

 

Guides were ready to go.

 

 

 

 

 

本覚寺にて。みなさん熱心に説明を聞いています。

 

Visitors were so eagerly to listen to the guide.

 

 

 

 

 

幕末創業の鍋茶屋。新潟を代表する老舗料亭。

ここで食事をしたいというご希望が。

 

Nabejaya is one of the famous old

cultural Japanese restaurants in Niigata.

 

 

 

 

 

牡蠣とフグ料理で有名な「かき正」

句会の会場でもありました。

 

Kakimasa is as famous as other cultural

restaurants and good for oysters and blowfish.

 

 

 

 

見上げるは市山流のお稽古場。

 

Ichiyama house. Ms. Ichiyama is an instructor

of the Japanese traditional dance.

 

 

 

 

ここから六軒小路に入ります。

 

They were heading to the alley.

 

 

 

 

 

途中でローサからのまち歩きグループに遭遇。

 

Accidentary we met another Machiaruki group.

 

 

 

 

 

白壁通りが石畳の道になりました。

創業元禄時代の行形亭。

 

Ikinariya is another famous old cultural

Japanese restaurant started about

200 years ago. 

 

 

 

 

 

行形亭のシンボルの鶴の飾りのある蔵。

 

The crane is a symbol of Ikinariya.

It is displayed on the storehouse.

 

 

 

 

 

 

旧齋藤家別邸。

 

Niigata Saitou Villa, the merchant's residence.

The garden is so beautiful through the seasons. 

 

 

 

 

室内からお庭を観賞。

 

Looking at the garden from inside.

 

 

 

 

 

お座敷でゆっくりと説明を聞きました。

 

Better to sit and watch the garden.

 

 

長岡の皆様、お疲れさまでした。

また新潟にお越しください。

新潟シティガイドがご案内いたします。

 

Thank you for coming to Machiaruki walk in Niigata.

Please come again and see you again !!

 

活動報告comments(0)|by 抹茶味

特別企画「沼垂ほろ酔いコース」 Niigata City Guide Special Town Walking

2017.03.19 Sunday

3月18日(土)、新潟シティガイド特別企画「沼垂

ほろ酔いコース」が行われました。参加者18名が二組に

分かれて、お楽しみ満載のまち歩きを楽しみました。

 

The special town walking was held on the March 18th.

The course was Nuttari area.

 

中央区東総合庁舎に集合。ガイドからご挨拶と沼垂の歴史

説明。ここは海蔵寺というお寺の跡で初代沼垂小学校が

設立された場所。

 

The place here, Higashi branch of Chuo-word, Niigata city,

Kaizoji temple was once located until 1874.

After the temple, the Nuttari elementary school the 1st

was built here.

  

 

「雲坪先生誕生の地」の後方には「ぬったり古町通り」の碑。

 

The monuments here and there on the street.

 

 

「沼垂定住三百年記念の碑」沼垂の紀元と歴史、先人達の苦労

を伝えています。

 

The monument to the permanent residency in Nuttari 

three hundreds years' commemoration. 

 

 

沼垂には名前の付いた小路が26あります。

由来の説明を読むのも楽しい。

 

There are 26 alleys in Nuttari area.

 

 

沼垂ならではの風景。お寺と工場の煙突。

 

This is a characteristic scenery of Nuttari.

 

 

「小唄勝太郎の像」勝太郎が養女になった老舗割烹「鶴善」の

跡地に生誕百年を記念して建てられました。

 

The statue of the famous singer, Katsutaro, in old days.

 

 

「日石赤レンガ造りの工場」(旧日本石油新潟製油所パラ

フィン製造工場)

 

The factory building built of red bricks.

 

 

「法光院」波鎮め不動明王図、三千佛図、慈恩大師図などの

文化財の他に、王瀬の長者没落伝説の長者供養塔があります。

 

Hokoin temple. Cultural properties of Nuttari are seen here.

 

 

 

「峰村商店」明治38年創業。味噌作りから、現在は麹を

生かしたドリンクやスイーツで人気を集めています。

 

Minemura Miso shop. Established in 1905, started making

soybean paste. Today the shop makes drinks and sweets

using the rice molt.

 

 

峰村商店、味噌蔵見学。

 

 

沼垂白山神社を裏側から見る。

 

 

「沼垂ビール株式会社」発酵の町沼垂をアピールするために

高野善松氏が沼垂ならではのクラフトビール会社を創設。

ビールは3種類あり、さあここで飲み比べです。

 

Mr. Zenmatsu Takano established the Nuttari Brewery to

appeal that Nuttari was a fermentation town.

There are 3kinds of beer so that we can compare the taste

of each.

 

 

「今代司酒造株式会社」江戸時代から北前船で

酒販売した歴史を持つ。現在地で約120年前に

酒造業を創業。

 

Imayotsukasa Sake Brewery has its history of brewing and

selling sake about more than 120 years.

 

 

今代司の名物ご主人の酒蔵ツアーは何度参加しても楽しいです。

 

The owner guides visitors to the factory tour many times

in a day. It is much fun to hear his talk and look inside.  

 

 

見学の後は試飲が待っています。新潟が誇る酒を堪能できます。

気持ちがちょっと緩んでみなさんほっこり顔。

ここでまち歩き三々五々解散となりました。

 

After the tour, sake tasting is ready for YOU.

Everybody enjoys tasting various kinds of sake.  

 

 

新潟シティガイドはみなさまのご参加をお待ちしております。

ホームページ・お電話でお申し込みください。

 

ガイドと一緒に歩きましょう。

 

If you are interested in the town walking with the city

guide, please check our homepage and book.

 

We are waiting for your apply.

Thank you.

 

 

活動報告comments(0)|by 抹茶味
 

サイト内検索
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
      

管理者用ログイン

新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
    

ページの先頭へ