<< 「まち歩き 観光ガイド養成講座」の様子がテレビ放送されます。 | main | 鍋茶屋見学と会食(新潟シテイガイド研修) >>

畠山六郎重宗像(新潟県有形文化財・蒲原神社御神体)

2018.02.20 Tuesday

  18日午前、新潟市中央図書館で蒲原神社宮司 金子隆弘氏の講演を聞く機会がありあました。
内容は主に蒲原神社の歴史でしたが、中でも神社の御神体、畠山六郎像については大変興味深いものでした。

 
                                                                       六郎夫妻像は六郎様と言われ木彫で御神体とされているもので大切にされて来ました。
    この御神体が昭和38年水野敬三郎氏(美術家史・元東京芸術大学教授、新潟県近代美術館名誉館長)の調査により明らかにされたということでした。

 

 

  それによると、制作は建武元年(1334)7月13日、大仏師尾張方眼湛賀の作品ということです。目に水晶が入っており像の高さ71.1センチ、夫人像は67センチで、檜の寄木造りで彩色されているとのことです。また、多数の奉賀者の名前や前回の修繕などすべての記載が判明されたということです。
  ただ、この像がどうして蒲原神社にあるのかは不明とのことです。

 

 

 

 

 

          by keibo

 

 

 

 

 

                                                                                                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)
コメント









 

サイト内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
      

管理者用ログイン

新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
    

ページの先頭へ