<< 古信濃川跡をたどって歩く | main | 移動顔座「にじいろカフェ」白山浦にあった新潟市の電気発祥の地と堀の話 >>

小澤家の繁栄と北前船が運んできた新潟民謡(新潟シティガイド企画)

2018.11.18 Sunday
   11月18日(日)午前(10〜12)北前船の時代館(旧小澤家住宅)で講演と民謡の企画を行いました。
   参加者は会員の他一般のお客様を合わせ25人でした。 
   第1部の講演は、
   みなとぴあ(旧小澤)学芸員(安宅俊介氏 で、
   演題は「小澤家の繁栄とその時代背景 」でした。
   
  
  講演要旨
  小澤家は加賀国(石川県)の出身。

  江戸時代初めに鳥屋野潟に近い長潟に移り住み、農業に従事し、大地主となった。
  その分家が江戸時代後期に新潟町(中央区)に出て、在宿(ざいやど)を営むようになった。
 その後明治に入り当主小澤七三郎は回船業に進出。
 明治10年(1877)頃には、観徳丸、幸運丸などの回船を所有し、北海道と瀬戸内・大阪との間で北前船の運航を行った。
 主要商品は米で、寄港地で塩や鰹節、砂糖、ニシンなどを仕入れて売る、幅広い商いを行っていた。
 一方、齋藤家との姻戚関係にあったことから、齋藤家の経営にも関わりを持ち盤石な基盤を確立した。
  その後、運送・倉庫業、回米問屋、地主経営、石油商と様々な事業に進出し、新潟を代表する商家の一つた。
 また、歴代当主は新潟の政財界の要職で活躍した。
第2部は民謡で新潟民謡協会の方々の出演です。
  
 
  
  
  
佐渡おけさ、相川音頭、新潟おけさ、越後追分など民謡民踊をたっぷり堪能できました。
有益で楽しいひと時を過ごすことができました。
              by keibo
活動報告comments(0)|by 新潟シティガイド(管理者)
コメント









 

サイト内検索
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
      

管理者用ログイン

新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
    

ページの先頭へ